電話代行サービス申し込み時の必要書類など - 口コミ評価を検証!【電話代行比較ナビ】

電話代行比較ナビトップ > 電話代行サービスとは > 電話代行サービス申し込み時の必要書類など

サービス申し込み時の必要書類など

電話代行サービス会社が決まったら申し込み!個人・法人問わず意外と簡単に契約できます。

契約時に事前準備が必要な書類

電話代行サービスと契約する場合に必要な書類は、サービス内容によって異なります。
まず電話転送サービスを活用したい時は、身分証明書があれば充分です。
その他の必要事項は申し込み用紙に記入するだけですので、特に書類を用意する必要はありません。
ただし、NTTのボイスワープに加入していることが必要になる場合もあるため、携帯電話の名義人と一致する身分証明書を用意できるようにしましょう。

次に、電話番号を借りた電話代行サービスを契約する場合は、様々な必要書類を用意しなくてはなりません。
法人として電話代行サービスを利用する際は、登記簿謄本と担当者の運転免許証が必要です。
これは、法人として運営されていることの証明と法人格で契約することに同意することの手続きになります。

電話代行業者によっては必要書類が少なくなることもありますが、基本的には登記簿謄本などの公的証明が求められます。
また、個人で電話代行業者と契約する場合は、住民票と免許証のコピーが必要です。
住民票が必要ない電話代行業者もありますが、最低でも現住所が確認できる免許証や保険証の提示が条件になります。

このように電話代行業者の契約に本人確認の書類が必要となるのは、企業や個人に不利益をもたらす悪用を防ぐためです。
電話代行は業務形態上悪用されるおそれが強く、慎重に本人確認をしたうえで契約するシステムになっています。

電話を転送するだけの電話代行業者ではそれほど悪用のおそれが無いため、必要書類による本人確認が求められませんが、電話番号貸し出しやフリーダイヤル受付を行ってくれる電話代行業者は悪用されることを未然に防ぐために厳重な本人確認を行います。
契約時には面倒に感じてしまうかもしれませんが、契約後に安心して利用を継続できるようにするためにも、しっかりと必要書類を提出して本人確認を行いましょう。

本人確認書類は何が必要?

本人確認書類は運転免許証が必要です。
この理由は運転免許証の写真と照合して、本人確認を行うためです。
そのため、健康保険証など写真が添付されていない証明書では本人確認書類として認められない場合があります。

本人と確認できる写真付きの証明書であれば良いので、パスポートで代替できることもあります。
電話代行業者の契約に必要な書類は大まかには同じですが、業者や契約内容の違いによって用意するものが異なることがあるため、必ず必要書類を確認したうえで契約の席に臨みましょう。

サービス詳細・ユーザー口コミを見る 資料請求はこちら

その他の情報一覧

電話代行サービスとは

電話代行会社を選ぶポイント

電話代行の様々なサービス

サービス内容を比較する

電話代行ひとつといっても様々なサービスやオプションがあります。

ほとんどの業者が「基本料金パック」としてサービスを提供しているので、使わない機能なのに割高になるケースが多くあります。例えば、お客様からのお電話はほぼ日本語にも関わらず、 オペレーターの英語対応がパックになっていることで、必要のない費用を払うなんてもったいないですよね。

今の状況を割り出してみましょう
社員数が少なく、お客様に対して満足な電話応対ができていない気がする電話代行・電話秘書転送電話・逆転送電話
個人事務所(弁護士、税理士、経営コンサルタントなど)でオフィスを不在にする事が多い電話代行・電話秘書365日24時間対応SOHO・個人事業者向け
顧客数を増やしクレームにもきちんと対応したい電話代行・電話秘書365日24時間対応
それでも選ぶのが難しい場合はこちら
サービス会社が多く、オプションも必要か必要じゃないのか分からない電話代行会社を選ぶポイント

その他・すべてのサービス

電話代行・電話秘書

基本パックとして「貴社名対応」や「クレーム対応」「求人」受付など代行業務としてほぼ全てに対応しているサービス会社を紹介しています。応対時間や転送方法は会社によって様々ですので、チェックが必要です。

転送電話・逆転送電話

電話番号を持っていてオペレーターに転送して欲しい場合、反対にサービス会社に番号を借りて電話転送だけして欲しい場合など様々な方法があります。状況に応じた転送方法を取る必要があります。

365日24時間対応

昼夜・土日祝日関係なくお電話がある業種の方は、こちらをおすすめします。基本パックとしては未対応でも、オプションサービスとして対応しているサービス会社もあるのでご相談をおすすめします。

レンタルオフィス・バーチャルオフィス

実際にお仕事が出来るスペースの貸出しや、法人登記可能な住所貸しサービスです。事務所を持たない方にピッタリのサービスです。電話代行+住所貸しまでワンストップで対応しているサービス会社もあります。

格安業者を探す

「出来るだけ費用をかけたくない」「お試してで利用して良ければ続けたい」など、低予算でも始められるサービス会社を紹介しています。基本料金を安くし、コール回数を少なく定めているサービス会社もあるので注意が必要です。

SOHO・個人事業者向け

社員は自分しかいないけど、電話番号やオフィスの住所はしっかり持って運営していきたいとお考えの方にピッタリのサービスです。ワンストップで提供しているので、起業して間もない方や不在が多い人の強い味方となります。